介護福祉士資格の取り方は?

高齢化が加速する中、介護職は注目されています。これまでは介護の資格と言えば、ホームヘルパーが一般的でしたが、介護職の資格制度が変更になったことで、これまでホームヘルパーとして勤務していた方も介護福祉士の資格を目指すケースが増えています。介護福祉士になるには、所定の介護福祉士養成学校に通って卒業するか、介護職として3年以上の経験を積んだ後に国家資格を受験する方法があります。国家資格になるため、資格に合格するにはスクールに通って勉強することもできます。スクールで講座を受けることで、同じ目標を持つ仲間と一緒に学習できることから、くじけそうになってもモチベーションをキープしやすいというメリットがあります。試験は年に1回です。国家資格であり、難易度もそれなりに高いですが、きちんと勉強して受験対策を行えば合格できます。受験日までにしっかりと準備をしておくことです。資格を取得すれば仕事の幅が大きく広がります。