経営者住宅ローンとフラット35のメリットとは?

経営者住宅ローンは会社の経営状態を詳しく審査されますので、もし赤字になってしまっているということが分かれば経営者住宅ローンの審査に通らずに断られてしまうことが一般的です。
ただ、それでも経営者住宅ローンを利用したいというのであれば、フラット35を利用することを検討してみると良いかと思います。
フラット35というのは、通常の経営者住宅ローンのように会社の状況を含めての審査ではなく、物件と借り入れをする申込者本人についての状況が審査の対象となるのです。
そのため、たとえ経営している会社に赤字があったとしても、申込者本人にはきちんと収入があれば審査に通過して住宅ローンの借り入れをすることが可能となるのです。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】